★★お知らせ★★
●ボウブラウスへのアレンジ方法をUPしました。こちら(2012.2.23.)

●ラウンドラカラーブラウスのフリーパターン(修正版)をUPしましたこちら(2012.2.9.)

●UネックジャンパースカートのフリーパターンをUPしました。こちら(2012.1.5.)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2009/05/21/Thu 10:23:32
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:ドレメ

メンズジャケット製作中。

CA3C0173父親から、カジュアルなジャケットが欲しいなーと所望されたので、父の日に間に合わせようと製作中です。



母親と同じく、父親もちっちゃい人なので、これまた既製服は合いません。

既製品をお直ししても、やっぱりバランスが悪いんです。



これまで、父のシャツなどは作ったことはありますが、どれも本のパターンを修正したものだったので、今回は原型からパターンを作ってみました。






だけど、メンズの参考資料って少ない!



ようやく見つけて購入したのは『私のソーイングボックス メンズウェア』。

文化式の製図が掲載されています。



まずは、父の寸法を元に原型作りに取り掛かりましたが、

説明が不親切だし細かい数値もないし。。。

やーめーた!となりそうなところで

大人しく付録の原型を写すことにしました。



ジャケット自体はテーラードとかじゃないので

ブラウスとかと同様で特に難しくなかったです。

だけど、やっぱり説明は不親切、

細かいことは自分の裁量でヨロシク、という感じなんだろうか。。。。

初心者だから、そんなのわからんです。



しかし、今回よくわかったことは

とにかく文化式はバスト基準、

肩幅なんかはすっとばして、

袖丈と着丈だけ気にしとけばよろしい、という具合です。



うーむ、これなら本の型紙を簡単に補正するのとか

既製品の袖と着丈を詰めるのとかと

何ら違わないんじゃないの・・・・・?と

なんかモヤモヤしてしまっています。



★自分なりのまとめ★



・文化式(旧原型):

 服の基本となるバランスをできるだけ崩さない

 →既製品に近いバランス→体型の難が隠れる

 but 標準寸がから大きく外れる体型の人には合わない?



・ドレメ式:

 服を体のサイズにあわせる→オートクチュール→体にぴったり沿う

 but 体型の難がモロに出る?



といったところなのかなー?



それぞれにメリット・デメリットがあるし

個人の必要とするところも違うでしょうが、

うちの両親の場合について言えば、ドレメ式を使ったほうがよさそうです。



理想は、もっともっともっと勉強して

両者のよいところを取り入れられるようになることです。

道のりは長そうですが。。



それにしても、ドレメの男性原型ってあるのかなー?

通信講座のテキストは、婦人と子供しか載っていません。

今度、問い合わせてみようと思ってます。



で、今回のこのジャケットは

袖ぐりの寸法を測り忘れるという痛恨のミスを犯し、

イセ多すぎてへんちくりんになってしまったので

いまさらながら袖山を修正中・・・・・・

うまくできますように。



☆★☆★☆★☆★私 信☆★☆★☆★☆★



SAKURAさんへ。



コメントありがとうございました。

↓のスタイルブックのブラウスは、もしお作りになるなら

生地に気をつけないと、着たときにちょうちん被ったような姿になります。

(私の綿ブロードは×でした・・・)

とにかく薄くてやわらか?い生地がよろしいかと思われます。。。

ご参考まで。
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://lovesewing.blog74.fc2.com/tb.php/86-e946bd26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カツオ

Author:カツオ
洋裁好きな女です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Translation
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。